メディア運営者要チェック!「ファクトチェック」~面白デジタル情報「どん二郎」

こんにちは!私、ジェイと申します。初投稿です。私からは主にWEB・デジタル関連の最新トレンドやちょっとした便利情報をお届けします。WEB・デジタル業界に携わる方、企業のWEB担当者の方たちなどにとって、少しでもお役に立ててれば幸いです。

    • -

★チェック!Googleさん

2017年4月からGoogleが「ファクトチェック」を導入しました。「ファクトチェック」はGoogle検索結果、Googleニュースにおいて、そのサイトの情報が正しいかどうか、ラベルで表示されるというものです。世界中で問題になっている「ファクトニュース」への対策ですね。

具体的には以下のように表示されます。

f:id:kaizentech:20170423135659p:plain
参照元
https://blog.google/products/search/fact-check-now-available-google-search-and-news-around-world/

左画像の「Fact check by PolitiFact:Mostry True」は「PolitiFactによるファクトチェック:ほとんど正しい」、右画像の「Fact check by Snopes.com:False」は「Snopes.comによるファクトチェック:誤り」という意味です。

上記のように、ファクトチェックをしたサイトオーナーとファクトチェック結果が表示されています。注意したいのはファクトチェックを行っているのはGoogleではなく、サイトオーナーであること。Googleは結果を表示しているだけで、結果を保証はしていません。結果が表示されるのは、アルゴリズムによって信頼できると判断されたサイトオーナーによるものですが、あくまで情報の真実度を図るための参考としてとらえた方がよさそうです。
▼参考
https://support.google.com/websearch/answer/7315336?hl=ja

今のところ日本語のサイトでは対応している様子は見られません。(2017年4月現在)
今後の動向を、特にキュレーションメディアや情報発信系サイトを運営している方は要チェックでしょう。ファクトチェックで「正しい」と表示されることが、サイトのブランディングにもつながるかもしれません。

★注目!デジタル情報「どん二郎」

ラーメン二郎」を知っていますか?
東京や神奈川などを中心に店舗があるラーメン屋です。極太麺に分厚い焼豚、醤油をベースとした濃厚なスープ、そして、たっぷりのニンニクとどっさり盛られたもやしとキャベツ。ジャンク&中毒性。たまに無性に食べたくなります。

こんな感じのラーメン
f:id:kaizentech:20170423190917j:plain

この二郎のラーメンを、あのカップ麺「どん兵衛」で再現する、通称「どん二郎」が2017年初めころから、TwitterなどのSNSやブログなどで見られるようになりました。

「どん二郎」の画像検索結果
f:id:kaizentech:20170423191110p:plain

その状況を見て、日清が動いた!日清「どん兵衛」の公式サイトに「どん二郎」というコンテンツが登場。「拝啓 親愛なる二郎先輩へ~」からはじまる、二郎へのラブレターが掲載されています。二郎への愛を込めた?想いとともに、最後はどん二郎のレシピが紹介されています。

日清「どん兵衛」の公式サイトより
f:id:kaizentech:20170423191158p:plain
▼どん二郎のサイトはこちら
どん兵衛からラーメン二郎へのラブレター|日清のどん兵衛

ジロリアン(二郎を愛する愛好家)の中では賛否両論あるようですが、SNSなどの反響を利用した取り組みで、僕は面白いなぁと思います。(ラブレターの内容はさておき笑)こういうことを面白おかしく、スピーディーに展開することが、非常に重要になってきているなと思う次第です。

    • -


今回はここまで!