3ステップでとにかく簡単にnode.jsとNPMとGulpをインストールする(Windows)

こんにちはユウヤです。node.jsは色々できて便利ですね。

導入は言うほど難しくないのですが、なかなか環境構築を渋る人も多いですのでnode.jsのバージョン管理ツールとか、便利パッケージとか、パッケージのインストール先の管理とか難しいことは一切考えず、とにかく最短でインストールする方法を3ステップにまとめました。賞味30分で対応できるハズです。

1.node.jsのバージョンチェック&インストー

まれに知らない間にnodeが入っているケースもあるので確認した方がいいです。
コマンドプロンプトで以下コマンドを入力してください。

node -v

その結果、システムから「'node' は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。」と指摘された場合はnode.jsをインストールしてください。LTS版がオススメです。
Node.js / npmをインストールする(for Windows) - Qiita

nodeはインストール済だがバージョンがv3以下だった場合は、nodeをアンインストールして前述のURLからnodeのv6.11.0をインストールしてください。
スマホで便利な環境構築手順書:Node.jsをWindowsにダウンロードしてインストール、アンインストールする (2/2) - @IT

node.jsのアンインストールソフトでnpmから何まで全部綺麗にアンインストールされますが、node.jsのインストールでnpmも同時にインストールされます。

上記に該当しない場合は、何もしないで大丈夫です。

2.gulpをグローバル環境へインストー

npm install -g gulp

コマンドプロンプトで上記のコマンドを叩いてください。

3.gulpをローカル環境へインストー

実際にgulpの設定ファイルなどがあるディレクトリへコマンドプロンプトで移動して以下のコマンドを叩いてください。

npm install gulp


はい以上です。終わりです笑

もしnode.jsをガリガリ書く必要がある場合はnodeistなどのバージョン管理ソフトを前提にした構築がお勧めですが、あまり複雑なことをしない限りnodeのバージョン違いで動かないケースは割とレアなので、、いいかなとw
アンインストールも簡単にできますからね。